「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ねんねこ祭り( 6 )

ねんねこ祭り NO.6

獅子舞奉納
a0040522_21185386.jpg

a0040522_21191294.jpg

a0040522_21192942.jpg

a0040522_2119472.jpg

a0040522_2120917.jpg

a0040522_21203224.jpg

a0040522_21204651.jpg

a0040522_2121635.jpg

a0040522_21213052.jpg

a0040522_21214771.jpg

a0040522_2122327.jpg

a0040522_2122171.jpg

a0040522_21223235.jpg

a0040522_21224734.jpg


天狗舞奉納
a0040522_21253671.jpg

a0040522_21255284.jpg

a0040522_21261038.jpg

a0040522_21262650.jpg

a0040522_21264392.jpg


a0040522_21271048.jpg

a0040522_21272223.jpg

a0040522_21273610.jpg


More 泣かないで~
[PR]
by tanuyokose | 2009-02-05 21:24 | ねんねこ祭り | Comments(2)

ねんねこ祭り NO.5

稲穂まき
a0040522_20583895.jpg


a0040522_2058551.jpg

a0040522_20591151.jpg


~ちょっと休憩~

とても寒い朝でした~
a0040522_2114086.jpg

a0040522_2115180.jpg

a0040522_212770.jpg

a0040522_215531.jpg


『イセエビ汁』の振る舞い
イセエビがたくさん入っていて美味しかったです~ ごちそう様(*^_^*)
a0040522_214135.jpg

a0040522_2142515.jpg


出店も並んでいました。
a0040522_215740.jpg

[PR]
by tanuyokose | 2009-02-05 21:07 | ねんねこ祭り | Comments(0)

ねんねこ祭り NO.4

子守りの神事(拝殿)


お弓の儀
一升桝に白米を入れ、その上に「ウズラ(折り紙)」を乗せ弓で射ります。
(害鳥無くし五穀豊饒を祈念します)
a0040522_1131044.jpg


みかん問答
斎主と童子による掛け合い問答
a0040522_1152358.jpg


子守りの神事
ござ、まくら、おちちにて
「ねんねこ~おろろんよ~」と子守り歌を歌います。
a0040522_1173474.jpg

a0040522_1175074.jpg

a0040522_1181334.jpg

a0040522_1183114.jpg

a0040522_1185090.jpg

a0040522_11912100.jpg


子ども巫女舞
a0040522_1194682.jpg

a0040522_120487.jpg

a0040522_1201764.jpg

a0040522_1203455.jpg

[PR]
by tanuyokose | 2009-02-05 01:15 | ねんねこ祭り | Comments(0)

ねんねこ祭り NO.3

祭典(本殿)

湯立ての儀
釜で沸かしたお湯を使ってお祓いをします。
a0040522_005635.jpg


子ども巫女舞
「浦安の舞」  津々浦々の人々の幸を願う舞
a0040522_014663.jpg

a0040522_02530.jpg

a0040522_023642.jpg

a0040522_025366.jpg

a0040522_03243.jpg
a0040522_03424.jpg

[PR]
by tanuyokose | 2009-02-04 00:03 | ねんねこ祭り | Comments(0)

ねんねこ祭り NO.2

朝日遥拝行列の後、賑やかに獅子舞の屋台がやって来ました~
a0040522_2342418.jpg

a0040522_2344363.jpg

a0040522_2345630.jpg


とても寒い朝でした~
a0040522_236194.jpg

[PR]
by tanuyokose | 2009-02-03 23:06 | ねんねこ祭り | Comments(0)

ねんねこ祭り NO.1

2008年12月7日 ねんねこ祭り
五穀豊饒を感謝し、併せて子安信仰、子孫繁栄を願ってのお祭りとして崇拝され数百年続いています。
12月の第1日曜日に田原地区で行われる木葉神社の例祭。
早朝から行われる祭典での子守り神事は、神功皇后の皇子愛育の故事に由来すると伝えられ、乳幼児の守り神として、多くの参詣客を集めています。
(和歌山県無形文化財指定)

朝日遥拝行列
拝殿より約200メートル先の遥拝所まで1時間あまりかけて、鈴一振りで一歩ずつ進みます。
a0040522_17543688.jpg

a0040522_17544671.jpg

a0040522_17545524.jpg

ご飯持ち巫女さんの冷たい手を、ホッカイロで温める姿が印象的でした。



ご飯持ち巫女が頭上に持つご飯をお供えし、朝日を遥拝する祭文
「遙かに東天を拝み奉る」
a0040522_17551569.jpg

a0040522_17552582.jpg

a0040522_17553668.jpg

[PR]
by tanuyokose | 2009-02-03 17:55 | ねんねこ祭り | Comments(2)